DIARY

2018/12/25

今月も月刊新潟Komachi出ました。
インドへ行った時の驚き体験記のような内容です。Komachiのコラムもあと数回で3年が経ちます。過ぎてしまうとあっという間ですが、毎回文章をまとめるのに頭を悩ませています。

さて、注連飾りづくり体験に行ってきました。足で押さえがら藁を編んだり、力も使った全身運動で、とても楽しかったです!綺麗に作るのはなかなか難しいですね。

注連飾りと言えば、最近、地元の同い年の友人が注連飾りの家業を継いだのですが、その決断は本当に凄いな、と思いました。そしてその友人が、注連飾りの本来の意味としては、材料の藁は国産であったり、その土地のものを使うものなのに、最近は外国産の安いものになってきている、と嘆いていました。今はビニール製のものすらありますね。
体験で伺った会場には、いろんな地方の個性的な注連飾りが見本として並んでいて、どれも綺麗な形をしていました。

時代が進むにつれ、多くのものがスイッチひとつで事が済んだり、財布からお金を出すだけで簡単に手に入れることが出来るようになりました。それはとても助かりますし、他のやりたいことに時間を費やすことが出来ます。
ですが自分でやってみると、案外楽しかったり、上手くいかなくて頭を抱えてどうにかならないかと工夫してみたり、途中めんぐさくなっちゃうなんてことも。
出来るまでの行程を改めて知ると、作り手さんの大変さや、今まで見えなかったさまさまな発見があります。自分の内面的な部分だけでなく、時には日本や世界が抱えている社会問題を知るきっかけになります。
いつの日か憧れを抱き、少しずつ歩み出した手作りの生活や自給自足の暮らしは
いまだ憧れの域を超えていませんが、
遠回りしながらも、ゆっくり少しずつたぐりよせていきたいと思います。
今年あったいいことも上手くいかなかったことも、感謝をこめて2018年を閉じましょう。いや、綴じましょうの方がいいかな。
一年ありがとうございました。

また一年好い年になりますように。
内山隼人

投稿者: management 日時: 2018年12月25日 12:29 | コメント (9)

COMMENTS

kyo._.co : 2018年12月31日 15:48

うっちーさん こんにちは。
お写真の福だるまさん、可愛いですね。
心を込めて丁寧に手作りされた注連縄も、
素敵な福がやって来そうですね*
2019年、WORLD ORDERの皆さんにも
たくさんの福が訪れますように!✩︎⡱

いつも皆さんからパワーを頂いて、
感謝の気持ちでいっぱいです。
2018年も本当にありがとうございました。
来年もどうぞ宜しくお願い致します!
うっちーさんも素敵なお正月を
お過ごし出来ますように…
どうぞ良いお年をお迎え下さいね✳︎

MINK : 2018年12月30日 22:26

うっちーさん、こんばんはー🌙すっごく楽しそうですね😃何かを作るって、途中で試行錯誤したり、挫折しそうになったり、案外、棘の道だったりしますよね。
はまれば気持ちよい集中力が溢れて、傑作ができたりとかしますよね~✨
いつも、いろいろな挑戦や、体験をして日々を人生を謳歌なさってますねー。憧れちゃいます!

さて、
ファンイベント🎪有り難うございました(涙)
盛り沢山で、
なんか時間が短く感じてしまいました~😢
本当に楽しかったです。
来年も一生懸命のうっちーさんを見ながら、私もさらに前進、一生懸命の年にしたいです。いつもありがとうございます(*^^*)よいお年をお迎えください!

はっさく : 2018年12月28日 14:15

うっちーさん、こんにちは。

我が家の本棚にKomachiのカラフルな背表紙が3年分並んでいます。
うっちーさんは大変かもしれませんが、diaryとは違う楽しみがあるので、まだまだ続いてほしいです。

藍染に続いて注連縄作りの体験、楽しそう‼︎
うっちーさんが作った物も、各地域で作られている物も様々な形があって興味深いです。
体験してみて初めて知る事やそこから得られる感覚は大切にしていきたいですね。
自分の知らない世界を広げるには、内なる世界を深くする事も必要なのかもしれません。

今年も1年間、欠かさずdiaryを書いて下さりありがとうございました。

みひろ : 2018年12月27日 22:54

内山 隼人 様

コラム連載3年、すごいです(≧▽≦)文章能力があってこそです。私だったら絶対ネタ切れで終了です…( ´△`)毎回、読者も楽しみにされているので頑張って下さい✨注連縄にも色々な巻き方があってデザインも様々ですね。手作業は、同じものを作ってもそれぞれ味が出て深いものです。暮らしが楽で便利になることは沢山の良い面もありますが見失ってしまうものや見えなくなってしまうものがあります。便利なことは多くの犠牲の上に成り立っているものかもしれません。
今年もあとわずか!今年の締めくくりも素敵な時をお過ごし下さい(^^)/

Terry : 2018年12月26日 03:49

Merry Christmas, Uchy san.

ケロスケ : 2018年12月25日 21:14

ウッチーさん、こんばんは。

本当に最近は手軽に手に入ったり、何でもすぐに知ることができるようになりましたね。ただ、色々な情報がたくさんあり過ぎて、何が正しくて何が誤った情報なのかは自分でしっかり判断しないといけないですね…。

あきこ : 2018年12月25日 20:00

うっちーさんの注連飾りすてきですね。
写真に上げてくださったものも
それぞれに特徴があって面白いです。
こういったものは形や色、材料、作り方
すべてに意味がありますね。
とても興味深くて学んでみたくなりました。

たまき : 2018年12月25日 12:46

内山 隼人 様

Komachiのコラム、3年経ちましたか。
よく頑張りましたね。

私は不器用で、ものを作ることは苦手です。
でも、文章を書くのは好きです。
物語を書いたこともあります。
そして身近なところでは、手紙ですね。
下書きはせず、一気に書き上げます。
字が下手でも必ず手書きで書くのが
私のルールです。
勝手な思い込みかもしれませんが、その方が
気持ちが伝わるような気がするのです。

昔見たドラマで
「字が下手な人は、生き方も下手」
という台詞があって
「ああ、私のことだな」と
落ち込むこともありましたが
それも含めて私なのだと、今は思っています。

私は今回「お正月」というものはありませんが
あなたには、良い年末年始を過ごして欲しいです。
どうか、良いお年をお迎えください。

本当に、本当に、ありがとうございました。

ふらーと : 2018年12月25日 12:42

うっちーさんへ

今年もあと僅かですね。
新しい年へ向けての注連飾り、素敵ですね。

プレ大掃除として部屋を片付けていたら、椋鳩十の短編集が出てきました。
私の世代は国語の教科書に「大造じいさんとガン」が掲載されていて馴染みのある動物文学の作家なのですが、うっちーさんはご存知ですか?
猟師と獲物の関係が厳しくも暖かく描かれていて、胸を打たれます。
うっちーさんも、30年後くらいにこうなっていたりして、と想像してしまいました。

読んでないで掃除しろって感じですね。

LEAVE A COMMENT

名前:
メールアドレス:
コメント: