DIARY

2019/06/14

小学生の頃、下駄箱から靴を取り出し帰宅すると、右足に違和感を感じました。
よく見ると手紙が一枚。
それが初めてもらったラブレター。嬉しかったなー。
ラブレターとは異なりますが、ファンの皆さんから頂くファンレターは大切に読み全て保管してありますよ〜。
いつの時代も手紙は嬉しいものです。


森澤祐介

投稿者: management 日時: 2019年06月14日 01:54 | コメント (9)

COMMENTS

ハチ : 2019年06月20日 03:49

祐介さんこんばんは。
祐介さんのお話ややっていること、祐介さんは素でやっているのだなあと思うのですが、いちいち静かに感動しています。
チョコレートの開発段階のSNSも感動していました。
いつもありがとうございます。

ケロスケ : 2019年06月15日 23:47

ユースケさん、こんばんは。

手紙を書く機会はめっきり減りました…。仕事上、手書きする機会はあるのですが、手紙は年賀状くらいでしょうか。

MINK : 2019年06月15日 10:41

祐介さんこんにちはー✨とってもドキドキするお話ですね、小学生の時かぁ…祐介さん可愛かったでしょうね!簡単に想像がつきます💖ずっーとその様子を見つめられていたかもしれませんね(*´艸`)想像がつくだけあって此方が恥ずかしくなります。祐介さんの足の裏って理想的なアーチだから、そこにはまったら確かに踏んだ気にならず気がつかないかもしれませんね(*´艸`)爆笑です…
そういったお手紙って、直接目があったら言えなくなっちゃうことを一生懸命書くのですよね、秘めてる思い…自分では絶対読み返したくないな(((^_^;)
祐介さんその大切なものは他人の目に触れないようにして墓場まで持っていってくださいね(笑)大事なファンレター……キサラギって映画を思い出しちゃいましたー。
(〃´ω`〃)

かよ : 2019年06月15日 08:53

他のメンバーさんもそうですが、WOのみなさんは、本当にファン思いですよね。

かよ : 2019年06月15日 08:47

祐介さんは小さい頃から、さぞかしおモテになったのでしょうね。
靴に一枚だけの手紙って可愛い(*´-`)その後、お2人の間に進展はあったのでしょうか〜?笑

michi : 2019年06月15日 00:29

年末のファンイベント「忘年会」に初めて参加して、祐介さんとお話しした時のこと。この年の祐介さんのお誕生日に初めてファンレターを送らせていただいたのですが、それを覚えていてくださって とても驚き感激しました。そのファンレターを書いた当時はまだ、こちらのDiaryにコメントするくらいしかメッセージの手段がなく、初めてのお手紙は 自己紹介のようなことも含め一生懸命に書きました。そして忘年会でお会いして「私はこれこれ…」と話し始めたら、祐介さん「あ、これこれこう…のかたですよね?」と すぐにわかってくださったのです。しっかり手紙を読んで覚えていてくださっていたのだとわかり、とてもうれしかったです。当時はまた、直接会ってお話しできる機会もあまりないような頃だったので、感激はなおのこと。ひゃーっと舞い上がってクラクラしたことを今でもよく覚えています。
手紙は大切に保管してくださっているとのこと。ありがとうございます。
下駄箱のラブレター…私もやりましたね〜(^_^;)

たかお : 2019年06月14日 23:46

…うちに帰るまで、靴の中の手紙に気づかなかったんですね!!笑 ラブレターをもらって喜ぶ小学生の森澤君を想像してニマニマしてしまいます

手紙って、いくつになっても、たとえひとことであっても、もらうと嬉しいものですよね

ユウ : 2019年06月14日 13:24

祐介さんこんにちは!
『ファンレターは大切に読み全て保管してあります』
↑泣けます😭💕💕
ファンの1人としてとってもとっても嬉しいです!!!
これまでも「祐介さんのファンでよかった」って思う事はたくさんありましたが
この一言も更にそう思わせて下さいました✨
ファン思いの祐介さん、いつも優しいお気持ちありがとうございます。
そしてやっぱり小学生の頃からモテモテだったんですね😁

jan−chang70 : 2019年06月14日 06:59

祐介さん、おはようございます‼
ショットと文章にセンスの良さを感じるのと同時に、
家に帰るまで気づかなかったんかい!… と思わず
突っ込みたくなるところ(笑)
今回のdiaryも祐介ワールドに引き込まれました👍
しかしながら、
ファンレターをしっかり保管して下さっているくだり
過去のお渡しした書面をうっすら思い出し、
思わず赤面してしまいました(笑)

LEAVE A COMMENT