DIARY

2018/03/27

ヴィーガン会番外編。
クラウドファンディングに参加した種子映画の上映会とトークショーに行ってきました。
メンバーは、会場に来る前に他の用事で靴を盗まれスリッパで来たヴィーガンの拓くんと、なかなか写真にフレームインしないKくん、映画のエンドロールに載せる名前にわざわざWORLD
ORDERと付け加えたのに実際それを見たら恥ずかしくなった僕で。

今回の講演で知ったのですが、種子法廃止の議論の中で野党はもちろん、与党の中にも反対する議員がたくさんいたらしいんです。それでも可決してしまう今の政治の恐ろしさも凄いですね。
ただ本当に希望に思ったのは、各自治体で廃止になる種子法に代わって独自の条例をつくる動きがあることでした。しかも党派関係なく、全会一致で。
兵庫や長野、そして僕の地元、新潟県も条例をつくるとのことで、心強く思いました。
そして、日本でも遺伝子組み換え作物の栽培が始まろうとしていて、それを日本政府は積極的に推し進めようとしているらしいですが、市民の力で止めていきたいです。
土壌汚染だけじゃなく、生物多様性が失われた単一栽培農業になったり、無関係な交配で組み換えられた遺伝子が広がったり、農家が特許侵害で訴えられたり…遺伝子組み換え作物の栽培は日本の豊かな自然や財産を捨てて、お金に替えるようなものだと僕は考えています。しかも一部の人のお金に。後で失敗だったと気づいても取り戻すことが出来ないのが厄介なんです。
今は慣行栽培でも減農薬の流れになっているくらいですから、遺伝子組み換え作物とセットで強力な除草剤を始めたり、神経毒のネオニコチノイド系農薬の規制緩和も、きっと地方議員や地方紙、地方の農家の方たちが黙っていない。
僕も自分の出来ることをしよう。まずは、つくばの隔離されていた試験場がオープンにされないようパブリックコメントで止めないと。ここで止められなければ、どんなことになるのだろう…
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=195170070&Mode=0

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=550002640&Mode=0
ギリギリだけど、知れてよかった。

今週の本は「R帝国」。中村文則さんの本は「教団X」に続き、僕は2冊目です。
今回も読み進めるうちに深く深く引き込まれていく内容でした。
フィクションでありながら、今の政治の流れや世界の仕組みとリンクしていたりで、“今”の小説でした。あとがきのメッセージにもグッときました。みんな同じ思いだ。

今月も月刊新潟Komachiも出ました!
アート展の始まるきっかけを書いてみました。
東京では桜が次々に咲いています。
椿は終わりのようです。

内山隼人

投稿者: management 日時: 2018年03月27日 17:11 | コメント (5)

COMMENTS

はっさく : 2018年04月01日 22:31

うっちーさん、こんばんは。

映画の中で「種子は私のアイデンティティ。」という一言が心に残りました。
代々引き継がれて守られて来た種子が企業の利潤追求の為に失われてしまう可能性がある事、それが何を意味するのか考えさせられます。

もっと多くの人に種子法廃止がどんな影響をもたらすのか知って欲しいと思いましたが、全国紙で取り上げられる事はほぼないそうですね。
でも地方紙は取り上げてくれる。まずは自分の住む街でできる事を続けていけたらと思います。

映画のエンドロールでうっちーさんの名前の隣に(WORLD ORDER)とあって、私はなんだか誇らしく感じました。

なつ : 2018年03月30日 22:23

うっちーさんこんにちは。
エンドロールにWORLD ORDERの名前が載ってるんですね。それも合わせて映画観てみたいです(^^)
小さな声でもちりも積もれば山となる、ですね。自分一人が動いたところで何も変わらないから、なんて思わずに動くことが大切だなって思います。意外に一人じゃなかったりします(^^)

みひろ : 2018年03月29日 23:58

内山 隼人 様

拓くん、スリッパじゃないですか~(≧▽≦)盗まれたなんて、可哀想に。靴を必要としてた人がいたんでしょうね。雨の日でなくて、良かったです。種子映画の上映会&トークショー、いかがでしたでしょうか。私も前々から、自分が出来る事の一つとして、総理大臣や各府省に、意見を届けていました。ネットで「首相官邸 意見」で、入ると、首相官邸HPに飛びます。そこから、各府省庁への意見があり、パブリックコメントは、そこで知りました。府省の選択で、種子法の事を送るのは、環境省?農林水産省?内閣府?迷ったけど、全部に送信してやりました( ̄ー ̄)✨種子の件は、農林水産省みたいだね(笑)声が届けばいいのになぁ、でも悔しい事ばかり…。

たまき : 2018年03月28日 00:00

内山 隼人 様

実は私は最近まで、自然の大切さを
わかっていながら「大量生産=悪」というのが
この先の人口増加や効率性のことを考えて
本当に間違っているのだろうかと
考えてしまうこともありました。
でも今回、古来から受け継がれたものが
いかに大切であるか
科学的な手を加えたものによる
人(子供)への影響を知って
やはりこれは守らなければいけないことなのだと
そう思いました。
私もこの先、出来ることをやっていきたい。
自分が気を付けるだけではなく
そういう世界になるような行動を起こしたいです。

あなたの故郷、新潟もそうですが
私の住む埼玉も、そういう行動をしているようで
少し安心しました。

ケロスケ : 2018年03月27日 23:41

ウッチーさん、こんばんは。

パブリックコメント、初めて知りました。このようなサイトがあるんですね。
自分はまだまだ分からない事ばかりなのですが、“失敗だったと気づいても取り戻すことが出来ない”というのは同感です。慎重に事を進めていかなければならないですね…。

LEAVE A COMMENT

名前:
メールアドレス:
コメント: