DIARY

2018/04/18

香港の町中で目につく光景の一つに、「竹の足場」があります。

日本で工事現場の足場といえば、鉄のパイプでつなげてあるものが主ですが、香港ではその足場が竹で出来ていて、その竹を紐のようなもので結びつけてあるんです。
最初に見た時は「これで大丈夫なのかな??」と思ってしまいましたが、実際に触ってみるととても頑丈に出来ていました。
中にはそれをベランダ代わりにしている家もあるほどです。
人との接し方や食事にしても、自分が当たり前だと思っていた事がそうではないと気づかせてくれる海外出張は、本当に貴重でありがたい経験です。
肝心のパフォーマンスも、イベント関係者の方々に喜んでいただけていたようで嬉しい限りです。
関係者の皆様、ありがとうございました^ – ^

森澤祐介

投稿者: management 日時: 2018年04月18日 15:51 | コメント (5)

COMMENTS

なおこ : 2018年04月25日 15:57

ユースケさん、いつも安心するダイアリーをありがとうございます◯ユースケさんのバランス感覚がとても好きです。

なつ : 2018年04月20日 15:10

祐介さんお帰りなさい(^^)
海外でのお仕事お疲れさまでした。無事に帰国されたようで良かったです。今回も短い間に美味しいものを食べたり、海外の文化を感じたりできたようですね。パフォーマンスも好評だったとのことで見てみたいです(*^^*)
次は舞台ですね。あとちょっと頑張ってくださいね🎶

michi : 2018年04月19日 21:50

祐介さん、「海外出張」お疲れさまでした。
パフォーマンスに 現地のかたも喜んでいらっしゃったとのことでよかったですね。海外で高い評価と人気を得ておられること、とてもうれしく頼もしく思います。
近代的な高層ビルの建築に竹…。私も、初めて香港を訪れた際に「竹の足場」には本当に驚きましたが、地震があまりないことやコストや運搬などの面で都合がよいなどの理由があるようですね。 さまざまなものがひしめき合い、こちらの常識を超えたところで過去と現在、光と闇が交錯し混沌としている様子はたくましく、すごいエネルギーを感じます。不思議な街。
価値観が揺らぐような体験をするのは大切なことですね。私も旅に出たくなりました。

ケロスケ : 2018年04月18日 22:08

ユースケさん、こんばんは。
香港でのパフォーマンスお疲れ様でした。

自分の当たり前は、他の人にとっては当たり前ではなかったりしますよね。だからこそ人と接する時には十分な配慮や、言葉の選び方が必要ですよね。それがなかなか難しいのですが…。

wdstk1 : 2018年04月18日 16:35

香港公演無事に過ごされたようでなによりです。
竹の足場は、亜熱帯の錆び防止とか、軽くてしなるとか、地震が殆ど無いとかの事情があるみたいですよ。

LEAVE A COMMENT

名前:
メールアドレス:
コメント: