Worldorder_layoutTOP01_1

Worldorder_layoutTOP_02_3

名称未設定-11

itunes

amazon

music.jp / oricon ME! / Tapnow

coming soon on

Groovy

名称未設定-16

DEEZER_CS

Spotify_CS

coming soon on

rdio / KKBOX




Worldorder_buttons_YouTube

Worldorder_layout88

The new single and video IMPERIALISM builds on the group’s mission to prompt reflection contemporary society, working styles, global culture, and images of modern Japan. Provocatively shot in Washington D.C. – against backdrops of American sights like the US Capitol building and Union Station. Spontaneous moments from filming are kept as is for the video - WORLD ORDER’s expressive vision.

「IMPERIALISM」は韓国ロケのPVで話題を集めた前作「PERMANENT REVOLUTION」の続編となる新曲で、PVは曲のタイトルに合わせて現代の”帝国”たる米国のワシントンDCで撮影。行き交う市民やパトロールカー、白バイなど、市内の様々なハプニングや空気感をそのまま映像に織り込み、「WORLD ORDER」が従来から得意とする日常性と非日常性を対比させたエキセントリックな映像世界を創り上げている。また、抑制された荘厳な曲調がパフォーマンス映像を盛り上げるとともに、WORLD ORDERのディープなメタメッセージを伝える。


Worldorder_layout99


WORLD ORDER first captured the international attention with the release of their music videos on Youtube – the sight of seven suited Japanese men dancing robotically against prominent Tokyo scenes garnered a huge reaction. Early videos included the eponymous WORLD ORDER, post-earthquake MACHINE CIVLIZATION, mysterious temple-set AQUARIUS, Tokyo-based MIND SHIFT, and ode to pan-Asian unity in Permanent Revolution.

格闘家時代「入場100%、試合100%」と公言する程、格闘技をエンターテインメントとして"表現する"事に強いこだわりを持っていた須藤元気が立ち上げた本格音楽プロジェクト「ワールド・オーダー」。須藤自身の歌唱とともに、POPかつセンシティブなダンスミュージックと、高い身体能力を活かしたダンスパフォーマンスとが融合して独自の世界を構築。今まで誰も観たことのない独創の表現スタイルが、アジアをはじめアメリカ、カナダ、EU圏で熱烈に支持されている。


offical



Copyright © Crystal Navigation All Right Reserved.